無理は禁物?婚約指輪の価格

婚約指輪って給料の三か月分?

婚約指輪を買う時の相場をよく男性の給料の3か月分と言います。これはもともとダイヤモンドで有名なアメリカの会社が指輪の販売のための広告に使った言葉でした。また日本企業が結納金の平均が給料の3か月分と知って広めたキャッチコピーでもあったのです。 実際に婚約指輪にかける値段は10万円~20万円、それ以上でも30万円が多いとしている調査結果があります。プロポーズの時に必要な婚約指輪にお金をかける人も多いですが、大切なのは差し出す指輪そのものではなく、男性からの心から結婚して欲しいという熱意や真心が肝心でしょう。プロポーズされる女性も指輪が結婚の申し込みの証だと思うから感激するのです。あまり高価な指輪だと受け取るのをためらってしまうかも知れません。

婚約は2人の生活の始まりです

プロポーズは結婚を決める大切な第一歩ですが、あくまで結婚へのスタート地点です。 結婚するために必要なのは婚約指輪だけではありません。結婚指輪の購入、結婚式場や披露宴にかかる費用、新婚旅行の費用、新居や家具の準備等も考えなくてはなりません。後の生活を考えて予算を組むのは結婚生活をスムーズに始めるためにも大切です。婚約指輪よりも新婚旅行にお金をかけて滅多に行けない場所で思い出を作りたいカップルもいるでしょう。婚約指輪は結婚しようと決めた大切な記念品ですが、だからと言って無理に高額な買い物をする必要は無いのです。大切なのは結婚を決めた相手を愛おしく思う気持ちです。できる範囲で彼女が喜ぶ指輪を用意する誠実さが伝わればそれが婚約指輪の一番の役割と言えるでしょう。